ホーム > 症状別障害年金の等級基準

症状別障害年金の等級基準

眼の障害

眼の障害は、主に視力・視野障害について下の等級表のように認定されます。
視力についての診断書のポイントは以下のとおりです。

  1. 視力については「矯正視力」、視野については「Ⅰ/2視標およびⅠ/4視標」を用いて測ったものを記載することとなっていますが、医師がこのルールを知らないと、別の測定方法で視機能を測ってしまい、診断書が有効でないものとなってしまいます。必ず診断書のチェックを行うようにしてください。
  2. 視力の矯正が効かない場合は、医師に「矯正不能」と書いていただいてください。
1級 両眼の視力の和が0.04 以下のもの
2級
  • ・両眼の視力の和が0.05 以上0.08 以下のもの
  • ・身体の機能の障害が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの
3級 両眼の視力が0.1 以下に減じたもの
障害手当金
  • ・両眼の視力が0.6 以下に減じたもの
  • ・一眼の視力が0.1 以下に減じたもの
  • ・両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
  • ・両眼による視野が2 分の1 以上欠損したもの又は両眼の視野が10 度以内のもの
  • ・両眼の調節機能及び輻輳機能に著しい障害を残すもの
  • ・身体の機能に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの

※以上の障害手当金の基準でも、「症状固定していないもの」については3級の障害年金が受給できます。

補足
  • ※1 視力の数値は、屈折異常のあるものについては、眼科的に最も適正な常用し得る矯正眼鏡又はコンタクトレンズによって得られた視力によって認定されます。
    なお、眼内レンズを挿入したものについては、挿入後の矯正視力により認定されます。
  • ※2 両眼の視力とは、左右それぞれの視力を別々に測定した数値をいい、両眼の視力の和とは、左右それぞれの測定値を合算したものをいいます。
  • ※3 視力障害と視野障害が併存する場合は、併合認定されます。

障害年金の請求手続きは複雑で、書類も非常に多く途中で諦めてしまう方も多いのが現状です。あきらめる前にお気軽にお問い合わせください。

障害年金受給診断

障害年金専門の社会保険労務士がご相談にのります

無料相談はこちらから!

メールでのお問合せ