ホーム > 症状別障害年金の等級基準

症状別障害年金の等級基準

心臓・循環器(心疾患)の障害

心疾患による障害は、弁疾患、心筋疾患、虚血性心疾患、難治性不整脈、大動脈疾患、先天性心疾患に区分されています。
ここでは弁疾患、心筋疾患の障害認定基準を紹介します。

弁疾患の認定基準

 
1級
  • ・病状(障害)が重篤で安静時においても、心不全の症状(NYHA心機能分類(※)クラスⅣ)を有していること
  •  かつ
  • ・身のまわりのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られるもの
2級
  • 1)人工弁を装着術後、6ヶ月以上経過しているが、なお病状をあらわす臨床所見(※)が5つ以上、かつ、異常検査所見が1つ以上あること
  •  かつ
  • 次のどちらかであること
    • ・歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居しているもの
    • ・身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出がほぼ不可能となったもの
  • 2)異常検査所見のA、B、C、D、E、Gのうち2つ以上の所見、かつ、病状をあらわす臨床所見(※)が5つ以上あること
  •  かつ
  • 次のどちらかであること
    • ・歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居しているもの
    • ・身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出がほぼ不可能となったもの
3級
  • 1)人工弁を装着したもの
  • 2)異常検査所見のA、B、C、D、E、Gのうち2つ以上の所見、かつ、病状をあらわす臨床所見(※)が2つ以上あること
  •  かつ
  • 次のどちらかであること
    • ・軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできるもの。例えば、軽い家事、事務など
    • ・歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居しているもの

心筋疾患の認定基準

 
1級
  • ・病状(障害)が重篤で安静時においても、心不全の症状(NYHA心機能分類(※)クラスⅣ)を有していること
  •  かつ
  • ・身のまわりのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られるもの
2級
  • 1)異常検査所見のFに加えて、病状をあらわす臨床所見(※)が5つ以上あること
  •  かつ
  • 次のどちらかであること
    • ・歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居しているもの
    • ・身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出がほぼ不可能となったもの
  • 2)異常検査所見のA、B、C、D、E、Gのうち2 つ以上の所見及び心不全の病状をあらわす臨床所見(※)が5つ以上あること
  •  かつ
  • 次のどちらかであること
    • ・歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居しているもの
    • ・身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出がほぼ不可能となったもの
3級
  • 1)EF値が50%以下を示し、病状をあらわす臨床所見(※)が2つ以上あること
  •  かつ
  • 次のどちらかであること
    • ・軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできるもの。例えば、軽い家事、事務など
    • ・歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なことも あり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居しているもの
  • 2)異常検査所見のA、B、C、D、E、Gのうち1つ以上の所見及び心不全の病状をあらわす臨床所見(※)が1つ以上あること
  •  かつ
  • 次のどちらかであること
    • ・軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできるもの。例えば、軽い家事、事務など
    • ・歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居しているもの

【異常検査所見】

区分 異常検査所見
安静時の心電図において、0.2mV以上のSTの低下もしくは0.5mV以上の深い陰性T波(aVR誘導を除く。)の所見のあるもの
負荷心電図(6Mets(※)未満相当)等で明らかな心筋虚血所見があるもの
胸部X線上で心胸郭係数60%以上又は明らかな肺静脈性うっ血所見や間質性肺水腫のあるもの
心エコー図で中等度以上の左室肥大と心拡大、弁膜症、収縮能の低下、拡張能の制限、先天性異常のあるもの
心電図で、重症な頻脈性又は徐脈性不整脈所見のあるもの
左室駆出率(EF)40%以下のもの
BNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)が200pg/ml 相当を超えるもの
重症冠動脈狭窄病変で左主幹部に50%以上の狭窄、あるいは、3本の主要冠動脈に75%以上の狭窄を認めるもの
心電図で陳旧性心筋梗塞所見があり、かつ、今日まで狭心症状を有するもの

(※)臨床所見(診断書上では「無」・「有」・「著」)とは…
自覚症状として、動悸、呼吸困難、息切れ、胸痛、咳、痰、失神
他覚所見として、チアノーゼ、浮腫、頸静脈怒張、ばち状指、尿量減少、器質的雑音があります。

(※)Metsとは…
座って安静にしている状態を1Metsとして、日常生活の活動がどの程度心臓に負担をかけるかを
判断するための、身体活動や運動強度を表す強さの単位のことをいいます。
例えば、1Metsは座って安静にしている状態、3~4Metsは普通に歩いている状態、
7~8Metsはジョギングをしている状態とされています。

(※)NYHA心機能分類とは…
心疾患の重篤度を表す指標で、Ⅰ~Ⅳに分けられています。障害年金等級との目安は、
Ⅱ度(3級相当)、Ⅲ度(2級相当)、Ⅳ度(1級相当)です。

障害年金の請求手続きは複雑で、書類も非常に多く途中で諦めてしまう方も多いのが現状です。あきらめる前にお気軽にお問い合わせください。

障害年金受給診断

障害年金専門の社会保険労務士がご相談にのります

無料相談はこちらから!

メールでのお問合せ