ホーム > 症状別障害年金の等級基準

症状別障害年金の等級基準

腎臓の障害

腎臓の障害による障害の程度は次のとおりです。

1級
  • 検査成績が高度異常を示すものであること
  •  かつ
  • 身のまわりのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られるもの
2級
  • 1)検査成績が中等度異常を示すものであること
  •  かつ
  • 次のどちらかであること
    • ・身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出がほぼ不可能となったもの
    • ・歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居しているもの
  • 2)人工透析施工中のもの
3級
  • 1)検査成績が軽度異常を示すものであること
  •  かつ
  • 次のどちらかであること
    • ・歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居しているもの
    • ・軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできるもの。例えば、軽い家事、事務など。

【検査成績】

区分 検査項目 単位 軽度異常 中等度異常 高度以上
内因性クレアチニンクリアランス値 ml/分 20以上
30未満
10以上
20未満
10未満
血清クレアチニン濃度 mg/dl 3以上5未満 5以上8未満 8以上
1日尿蛋白量 g/日 3.5g 以上を持続する
血清アルビミン g/dl かつ、      3.0g 以下
血清総蛋白 g/dl 又は、      6.0g 以下

(注)ウの場合は、①かつ②又は①かつ③の状態を異常という

腎疾患の障害の程度の判定に当たっては、上記の「検査成績」によるほか、他覚所見(※)、他の一般検査及び特殊検査の検査成績、治療及び病状の経過等も参考とし、認定時の具体的な日常生活状況等を把握して、総合的に認定するとされています。
また、人工透析療法施行中のものは2級と認定されますが、主要症状、人工透析療法施行中の検査成績、具体的な日常生活状況等によっては、さらに上位等級に認定されることもあります。

(※)尿の異常、浮腫、高圧等

障害年金の請求手続きは複雑で、書類も非常に多く途中で諦めてしまう方も多いのが現状です。あきらめる前にお気軽にお問い合わせください。

障害年金受給診断

障害年金専門の社会保険労務士がご相談にのります

無料相談はこちらから!

メールでのお問合せ