ホーム > 症状別障害年金の等級基準

症状別障害年金の等級基準

肢体の障害

肢体の障害は、上下肢の障害、体幹・脊柱の障害、肢体の機能の障害に分かれますが、ここでは上下肢の障害と肢体の機能の障害を紹介します。
なお、肢体の機能の障害は、上下肢の障害や体幹・脊柱の障害よりも、日常生活の不自由さに重点が置かれています
当センターでは、必要に応じて、相談者様から日常の生活状況等を十分ヒアリングさせた上で、診断書作成依頼書を作成するというサポートもさせて頂いています。

上肢の障害の認定基準

1級
  • ・両上肢の3大関節中それぞれ2関節以上の関節が全く用を廃したもの
  • ・両上肢のすべての指を欠くもの
    (指を基部から欠き、その有効長が0のもの)
  • ・両上肢のすべての指の機能に著しい障害を有するもの
2級
  • ・両上肢のおや指及びひとさし指又は中指を欠くもの
    (両上肢のおや指及びひとさし指又は中指を基部から欠き、有効長が0のものをいう)
  • ・両上肢のおや指及びひとさし指又は中指の機能に著しい障害を有するもの
    (両上肢のおや指の用を全く廃した程度の障害があり、それに加えて、両上肢のひとさし指又は中指の用を全く廃した程度の障害があり、そのため両手とも指間に物をはさむことはできても、一指を他指に対立させて物をつまむことができない程度の障害をいう)
  • ・一上肢の3大関節中いずれか2関節以上の関節が全く用を廃したもの
  • ・一上肢のすべての指を欠くもの。
    (指を基部から欠き、有効長が0のもの)
  • ・一上肢のすべての指の用を全く廃したもの
  • ・身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの。
3級
  • ・一上肢の3大関節のうち、2関節の用を廃したもの
  • ・長管状骨に偽関節を残し、運動機能に著しい障害を残すもの
  • ・一上肢のおや指及びひとさし指を失ったもの又はおや指若しくはひとさし指を併せ一上肢の3指以上を失ったもの
  • ・身体の機能に、労働が著しい制限を受けるか、又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの
障害手当金
  • ・一上肢の3大関節のうち、1関節に著しい機能障害を残す
  • ・一上肢の2指以上を失ったもの
  • ・一上肢のひとさし指を失ったもの
  • ・一上肢の3指以上の用を廃したもの
  • ・ひとさし指を併せ一上肢の2指の用を廃したもの
  • ・一上肢のおや指の用を廃したもの
  • ・身体の機能に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの

※障害手当金の基準でも、「症状固定していないもの」については3級の障害年金が受給できます。

※日常生活における動作は、おおむね次のとおりである。

  • さじで食事をする
  • 顔を洗う(顔に手のひらをつける)
  • 用便の処置をする(ズボンの前のところに手をやる)
  • 用便の処置をする(尻のところに手をやる)
  • 上衣の着脱(かぶりシャツを着て脱ぐ)
  • 上衣の着脱(ワイシャツを着てボタンをとめる)

下肢の障害の認定基準

1級
  • ・両下肢の3大関節中それぞれ2関節以上の関節が全く用を廃したもの
  • ・両下肢を足関節以上で欠くもの
2級
  • ・両下肢のすべての指を欠くもの。
  • ・一下肢の3大関節中いずれか2関節以上の関節が全く用を廃したもの
  • ・一下肢を足関節以上で欠くもの
  • ・身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの
3級
  • ・一下肢の3大関節のうち、2関節の用を廃したもの
  • ・長管状骨に偽関節を残し、運動機能に著しい障害を残すもの
  • ・一下肢をリスフラン関節以上で失ったもの
  • ・両下肢の10趾の用を廃したもの
  • ・身体の機能に、労働が著しい制限を受けるか、又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの
障害手当金
  • ・一下肢の3大関節のうち、1関節に著しい機能障害を残すもの
  • ・一下肢を3センチメートル以上短縮したもの
  • ・長管状骨に著しい転位変形を残すもの
  • ・一下肢の第1趾又は他の4趾以上を失ったもの
  • ・一下肢の5趾の用を廃したもの
  • ・身体の機能に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの

※障害手当金の基準でも、「症状固定していないもの」については3級の障害年金が受給できます。

日常生活における動作は、おおむね次のとおりである。

  • 片足で立つ
  • 歩く(屋内)
  • 歩く(屋外)
  • 立ち上がる
  • 階段を上る
  • 階段を下りる

肢体の機能の障害

1級
  • ・一上肢及び一下肢の用を全く廃したもの
    (一上肢および一下肢の機能について、日常生活における動作ののすべてが「一人で全くできない場合」またはこれに近い状態)
  • ・四肢の機能に相当程度の障害を残すもの
    (四肢の機能について、日常生活における動作の多くが「一人で全くできない場合」又は日常生活における動作のほとんどが「一人でできるが非常に不自由な場合」)
2級
  • ・一上肢及び一下肢の機能に相当程度の障害を残すもの
    (一上肢及び一下肢の機能について、日常生活における動作の多くが「一人で全くできない場合」又は日常生活における動作のほとんどが「一人でできるが非常に不自由な場合」)
  • ・四肢に機能障害を残すもの
    (四肢の機能について、日常生活における動作の一部が「一人で全くできない場合」又はほとんどが「一人でできてもやや不自由な場合」)
3級
  • ・一上肢及び一下肢に機能障害を残すもの
    (一上肢及び一下肢に機能について、日常生活における動作の一部が「一人で全くできない場合」又はほとんどが「一人でできてもやや不自由な場合」)

※日常生活における動作と身体機能との関連は、厳密に区別することができないが、おおむね次のとおりである。

ア 手指の機能

  • つまむ(新聞紙が引き抜けない程度)
  • 握る(丸めた週刊誌が引き抜けない程度)
  • タオルを絞る(水をきれる程度)
  • 立ち上がる
  • ひもを結ぶ

イ 上肢の機能

  • さじで食事をする
  • 顔を洗う(顔に手のひらをつける)
  • 用便の処置をする(ズボンの前のところに手をやる)
  • 用便の処置をする(尻のところに手をやる)
  • 上衣の着脱(かぶりシャツを着て脱ぐ)
  • 上衣の着脱(ワイシャツを着てボタンをとめる)

ウ 下肢の機能

  • 片足で立つ
  • 歩く(屋内)
  • 歩く(屋外)
  • 立ち上がる
  • 階段を上る
  • 階段を下りる

障害年金の請求手続きは複雑で、書類も非常に多く途中で諦めてしまう方も多いのが現状です。あきらめる前にお気軽にお問い合わせください。

障害年金受給診断

障害年金専門の社会保険労務士がご相談にのります

無料相談はこちらから!

メールでのお問合せ