ホーム > 症状別障害年金の等級基準

症状別障害年金の等級基準

気管支・肺(呼吸器疾患)の障害

呼吸器疾患は、肺結核、じん肺、呼吸不全の3つに区別されますが、ここでは、肺結核、呼吸不全の障害についての認定基準を紹介します。

肺結核の認定基準

  1. 肺結核による障害の程度は、病状判定及び機能判定により認定する。
  2. 肺結核の病状による障害の程度は、自覚症状、他覚所見、検査成績(胸部X線所見、動脈血ガス分析値等)、排菌状態(喀痰等の塗抹、培養検査等)、一般状態、治療及び病状の経過、年齢、合併症の有無及び程度、具体的な日常生活状況等により総合的に認定する。
  3. 病状判定により各等級に相当すると認められるものを一部例示すると次のとおりである。
1級 認定の時期前6月以内に常時排菌があり、胸部X線所見が日本結核病学会病型分類のⅠ型(広汎空洞型)又はⅡ型(非広汎空洞型)、Ⅲ型(不安定非空洞型)で病巣の拡がりが3(大)であるもので、かつ、長期にわたる高度の安静と常時の介護を必要とするもの
2級
  • ・認定の時期前6月以内に排菌がなく、学会分類のⅠ型若しくはⅡ型又はⅢ型で病巣の拡がりが3(大)であるもので、かつ、日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とするもの
  • ・認定の時期前6月以内に排菌があり、学会分類のⅢ型で病巣の拡がりが1(小)又は2(中)であるもので、かつ、日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とするもの
3級
  • ・認定の時期前6月以内に排菌がなく、学会分類のⅠ型若しくはⅡ型又はⅢ型で、積極的な抗結核薬による化学療法を施行しているもので、かつ、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とするもの
  • ・認定の時期前6月以内に排菌があり、学会分類Ⅳ型であるもので、かつ、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とするもの

呼吸不全の認定基準

  1. 呼吸不全とは、原因のいかんを問わず、動脈血ガス分析値、特に動脈血O2分圧と動脈血CO2 分圧が異常で、そのために生体が正常な機能を営み得なくなった状態をいう。認定の対象となる病態は、主に慢性呼吸不全である。
  2. 呼吸不全による各等級に相当すると認められるものを一部例示すると次のとおり
1級
  • 動脈血ガス分析値及び予測肺活量の検査成績が高度異常を示すものであること
  •  かつ
  • ・身のまわりのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られるもの
2級
  • 動脈血ガス分析値及び予測肺活量の検査成績が中等度異常を示すものであること
  •  かつ
  • ・次のどちらかであること
    • ・身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出がほぼ不可能となったもの
    • ・歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居しているもの
3級
  • 動脈血ガス分析値及び予測肺活量の検査成績が軽度異常を示すものであること
  •  かつ
  • ・次のどちらかであること
    • ・歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居しているもの
    • ・軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできるもの。例えば、軽い家事、事務など。

【動脈血ガス分析値】

区分

検査項目

単位

軽度異常

中等度異常

高度異常

1

動脈血O2分圧 Torr 70~61 60~56 55 以下

2

動脈血CO2分圧 Torr 46~50 51~59 60 以上

【予測肺活量1秒率】

検査項目 単位 軽度異常 中等度異常 高度異常
予測肺活量1秒率 40~31 30~21 20以下

障害年金の請求手続きは複雑で、書類も非常に多く途中で諦めてしまう方も多いのが現状です。あきらめる前にお気軽にお問い合わせください。

障害年金受給診断

障害年金専門の社会保険労務士がご相談にのります

無料相談はこちらから!

メールでのお問合せ