ホーム > 症状別障害年金の等級基準

症状別障害年金の等級基準

肛門・直腸・泌尿器の障害

1級 1級に該当する明確な基準はありません
2級
  • ・人工肛門を造設し、かつ、新膀胱を造設したもの
  • ・人工肛門を造設し、かつ、尿路変更術を施したもの
  • ・人工肛門を造設し、かつ、完全排尿障害状態にあるもの (完全排尿障害状態とは、カテーテル留置または自己導尿の常時施行 を必要とする状態をいう)

なお、全身状態、術後の経過及び予後、原疾患の性質、進行状況等により総合的に判断し、さらに上位等級に認定されることがあります。

3級
  • ・人工肛門を造設したもの
  • ・新膀胱を造設したもの、または尿路変更術を施したもの

障害年金の請求手続きは複雑で、書類も非常に多く途中で諦めてしまう方も多いのが現状です。あきらめる前にお気軽にお問い合わせください。

障害年金受給診断

障害年金専門の社会保険労務士がご相談にのります

無料相談はこちらから!

メールでのお問合せ