ホーム > 障害年金とは

障害年金とは

障害年金とは

障害年金とは、国が運営・管理する公的年金制度の1つで、業務場外の疾病(先天性の傷病や難病含む)や怪我が原因で、日常生活に支障をきたした人に対して支給される年金です。(原則として65歳未満の人が対象です。)

障害年金は、他の老齢年金や遺族年金と同様に公的年金制度の1つであり、国民が拠出した保険料から成り立っているので、年金加入者なら誰でも受給要件を満たせば請求できる制度です。つまりは、多くの人が受け取る権利があるのです。

しかし実態は、障害年金制度の認知度が低いことから、本来は受給できるはずの人が申請をしていないケースが多々見受けられ、身体障害者手帳の利用者に比べると少ないのが現状です。
また、障害年金の申請には、初診日の証明をとったり、病状の申立書を作成したり、戸籍や住民票を集めたり…とかなりの労力が必要になります。また、申請を通すには、多くの「コツ」が存在します。一般的に障害年金の申請は初めての方がほとんどであるため、申請のコツをつかめないまま申請して、失敗するケースも多々あります。

当センターでは随時無料相談会を実施しています。

障害年金を専門にしている社会保険労務士が皆様のお悩みや不安を解決し申請のサポートをさせて頂いていますので、安心してお任せください。

障害年金受給診断

障害年金専門の社会保険労務士がご相談にのります

無料相談はこちらから!

メールでのお問合せ