ホーム > 障害年金の対象となる傷病

障害年金の対象となる傷病

一般的に「障害」というと、ケガや病気によりベッドの上で寝たきりになっている姿、車いすで移動している姿を想像されるかもしれません。
しかし、障害年金は、特定のケガや病気を対象としたものではありません。

一定以上の障害の状態にあれば、ほとんどすべての傷病が対象となっています。
もちろん、うつ病などの精神疾患も対象です。

参考までに主な傷病を以下に記載します。

目の障害 白内障、緑内障、ぶどう膜炎、眼球萎縮、網膜色素変性症、糖尿病性網膜症など
聴力の障害 メニエール病、感音性難聴、突発性難聴、頭部外傷や音響外傷による内耳障害など
精神の障害 うつ病、躁うつ病、統合失調症、てんかん、知的障害、発達障害、アルコール精神病、アルツハイマー病、高次機能障害など
そしゃく・嚥下・言語の障害 失語症、咽頭摘出手術後後遺症など
肢体の障害 上肢または下肢の離断や切断、外傷性運動機能障害、脳血管障害による後遺症、筋ジストロフィー、変形性股関節症、関節リウマチ、脊髄損傷など
気管支・肺の障害 肺結核、じん肺、気管支喘息、慢性気管支炎など
心臓・循環器の障害 狭心症、動脈硬化症、慢性虚血性心疾患、大動脈弁狭窄症、心筋梗塞 悪性高血圧など
腎臓・肝臓・糖尿病の障害 慢性腎炎、ネフローゼ症候群、慢性糸球体腎炎、慢性腎不全、肝硬変、肝炎、肝癌、糖尿病(合併症も含む)など
血液・造血器の障害 溶血性貧血、HIV感染症、白血病、悪性リンパ腫など
その他の障害 悪性新生物(がん)、人工肛門、人工関節、人工膀胱など

障害年金の請求手続きは複雑で、書類も非常に多く途中で諦めてしまう方も多いのが現状 です。あきらめる前にお気軽にお問い合わせください。

障害年金受給診断

障害年金専門の社会保険労務士がご相談にのります

無料相談はこちらから!

メールでのお問合せ