ホーム > 相談の流れ

相談の流れ

Step1 お電話・メールでの相談予約

まずは、お電話・お問い合わせのメールから、面談のご予約をお願い致します。

その際に以下についてお尋ねします。

  • ・基本情報(お名前、生年月日、ご住所、電話番号など)
  • ・傷病名
  • ・初めて病院に行った時期と、当時加入して年金の種類など
  • ・いつからどんな症状であったか、現在の症状など

Step2 面談・ヒアリング

当事務所にご来所頂き、これまでの病院履歴、生活状況等について詳しくお話をお伺いした上で、基本的な方針をお伝えします。

(年金手帳、日本年金機構からの書類、お薬手帳、検査結果の書類などをご準備してください。また具合が悪くなって病院を受診したときからのことをメモ程度に書いていただけますとお話がスムーズです。)

障害年金を受給できる可能性があれば、年金記録確認用の委任状を書いていただきます。

なお、外出が難しい方などは、ご相談いただければ、出張相談も可能です。(地域により出張費用が発生する場合がございますが、その際は事前にご説明します。)
出張相談の場所は、ご相談者様、ご家族のご自宅またはその近くの喫茶店、ファミリーレストランなど、ご希望の場所をご指定ください。

Step3 年金記録の確認(当事務所作業)

保険料の納付要件を満たしているか、年金事務所での確認を行います。

保険料の納付要件を満たさない場合、ご相談者様、ご家族にご連絡をして終了となります。

(出張費用が発生する場合を除き、ここまでの費用はかかりません)

Step4 契約の締結

障害年金委任契約書の確認と押印、各種委任状の記入と押印をしていただきます。

手続きの際に発生する郵送費・電話代等で必要経費がかかるため、実費相当として事務手数料(数千円ほど)を頂く場合があります。

Step5 受診状況等証明書の取得

ご相談者様の方で、最初に受診した病院に連絡または訪問し、受診状況等証明書の作成を依頼していただきます。あるいは、当事務所の方で作成を依頼します。

複数の病院での作成が必要な場合がありますが、この費用は、ご相談者様、ご家族様の負担となります。

Step6 診断書の取得

原則として、ご相談者様から医師に診断書の作成を依頼して頂きます。
なお、医師への直接の説明が有効と思われるケースの場合には、ご相談者に同行して、医師に診断書の作成を依頼します。

また、必要と思われる場合には、次の書類を当事務所で作成し、ご相談者にお渡しします。

  • ・医師への診断書の作成依頼書
  • ・ご相談者様の障害の状態が適切に反映されるように、診断書の作成ポイントや、日常生活状況等をまとまた書類

診断書が出来上がりしだい、診断書の記載に漏れがないか、訂正すべき箇所はないか等の記載内容の確認を行います。

診断書は複数の病院で作成が必要な場合がありますが、この費用は、ご相談者様、ご家族様の負担となります。

Step7 病歴(就労状況等)申立書の作成

受診状況等証明書、診断書と、ご相談者、ご家族様からのヒアリングの内容をもとに、当事務所で病歴(就労状況等)申立書を作成いたします。作成にあたっては、ご相談者様、ご家族様からの意見を伺い、加筆修正しながら進めます。

Step8 戸籍などの添付書類を取得する(ご相談者、ご家族様)

戸籍謄本、住民票、所得証明書、学生証、通帳などの必要書類を取得、提出していただきます。

Step9 年金請求書類を提出する(当事務所作業)

年金請求書を作成し、書類を年金事務所、市町村に提出します。

また、提出後の問い合わせや照会に対する対応についても当事務所で行います。

Step10 支給、不支給の決定

年金請求書類を提出してから、3~4ヶ月程度で支給、不支給の決定通知書が届きます。 その後、初回の年金が振り込まれた後に成果報酬をお支払いいただきます。

万一不支給の場合は、今後の不服申立を検討する必要があります。

障害年金受給診断

障害年金専門の社会保険労務士がご相談にのります

無料相談はこちらから!

メールでのお問合せ