ホーム > 障害年金Q&A

障害年金Q&A

障害者手帳とは違うの?

まず、障害者手帳と障害年金はまったく別の制度です。

一般に「障害者手帳」と呼ばれるものには、次の3種類があります。

このうち
身体障害者手帳は障害の種類によって1~6級、精神保健福祉手帳は1~3級、療育手帳は都道府県により異なりますが、A(主に重度)、B(主に中度)等の区分があります。

この障害者手帳の等級と、障害年金の等級は審査の基準が違うため原則としては関係がありません。

手帳の等級が1級の方でも障害年金を受け取れない場合もありますし、逆に手帳の等級が4級でも障害年金の2級に該当することもあります。ですから、現在、障害者手帳をお持ちの方でも手帳の等級にとらわれずに障害年金の受給可能性を検討することが大切です。

また、障害年金との大きな違いとして、障害者手帳の場合においては、原則として診断書を書く医師が、研修を受けた指定医師に限られているため、医師が診断書で判定した等級がそのまま認められます。

なお、障害者手帳を取得すると、

といったサービスが受けることができます。

一方、障害年金の場合は、定期的に決まった額の金銭を受けることができるので、収入の補填の役割を果たします。

⇒障害年金Q&Aに戻る

障害年金受給診断

障害年金専門の社会保険労務士がご相談にのります

無料相談はこちらから!

メールでのお問合せ