ホーム > 障害年金Q&A

障害年金Q&A

障害年金は働きながらでももらえる?

「障害年金は働いていたらもらえない」といわれますが、一概に、働いている=障害年金はもらえないというわけではありません。

たとえば、人工透析を開始したり、心臓にペースメーカーまたは人工弁を装着したなどのように、特定の施術を行った場合、もしくは特定の療法を行った場合、もしくは特定の療法を開始した場合は、その事実そのものが障害年金の支給の対象となるため、たとえフルタイムで正社員同様に働いていたとしても、障害年金は支給されます。

ただし、うつ病などの精神疾患の場合は、症状が表面に出にくい分、働いていると、「日常生活に支障がない」と解釈され、障害年金を受給するのは厳しくなってきます。

このように、障害年金は働いているからといって、一概に受給できないわけではありません。

⇒障害年金Q&Aに戻る

障害年金受給診断

障害年金専門の社会保険労務士がご相談にのります

無料相談はこちらから!

メールでのお問合せ